スポンサーリンク

1月後半に体重が1kgぐらい減った理由は明らか。

お腹関連、おトイレ関連の話題なので、お食事中の方は読まない方がいい。

 まず、1月の体重の記録をみておくれ。

f:id:myukmyuk:20200206232349j:plain

例年、年末年始を越えると、55kg台に突入して夏前まで戻らないのに、今年は年明け53kg台だった。でも右肩上がりにじわじわ増えて、1月の23日、25日には55kg目前までいった。もうお腹が張って苦しくて苦しくてしょうがなかった。

消化器科で相談して、腸の薬をラグノスゼリーからグーフィスに変えてもらったところ、26日以降ストーンと1kg程落ちて、その後も53kg台に落ちついている感じ。食べ過ぎた翌日は一時的に増えたりするけど、また戻っている。(今のところ。)

体重だけ見たらいい感じ!…なんだけど、実はグーフィスを朝飲むと、1~2,3時間後に十中八九、お腹が下る。この1~2,3時間後ってのが微妙で、通勤時に重なると冷や汗もの。

職場がいつでもトイレに行ける環境なので、通勤を乗り越えると、まあ大丈夫なんだけども、外出する日は怖くてとても飲めない。休日の外出日は、朝、飲んでいない。朝飲んだ場合、1度トイレに行けば済むわけではなく、午前中から午後にかけてずっとお腹が痛くてトイレに駆け込んだり、お昼を食べた後も調子悪かったりするから困りものだ。

困りものなんだけど、お腹は感動するぐらいすっきりする。快便の人は、毎日こんなにすっきりしているの? しっかり食べてもきちんと出れば、体重が増えないし翌日までおなかがパンパンに張ったりしない。すごい。

ということで、グーフィスは一長一短という感じ。前に飲んだリンゼスという薬よりは断然いい。コントロールが効く。でも、連日の体調不良(逆流性食道炎によるムカムカ、謎の顔の痺れ、舌の痛み等)に加えて、日中は下痢による腹痛にも悩まされているのであった。

グーフィスを飲めばすっきりするのは分かったけども、長期的に見て、いつかは飲まなくともお腹の調子がよくなったりするんだろうか。。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク