スポンサーリンク

肌は様子を見るしかないのか。

火曜日に、午後年休で皮膚科に行ってきた。

今通院しているのは、消化器科、脳神経外科、婦人科、皮膚科で、通いすぎだと思うんだけど、どれも本当に不調なので外せないんだよな。その中で皮膚科は優先度低いのかもしれないが、私にとっては大きな悩みのひとつ。

大きな目立つニキビはできなくなってきたけども、相変わらず、顔全体がブツブツ、ざらざらしていて、ニキビなのか何なのか分からない。ニキビと脂漏性皮膚炎とが混じっているらしい。

これらを綺麗に治すのは難しいので、保湿しながら様子見るしかないって言われてしまって落ち込んだ。何もしようがないって感じなのかな。

でもよくよく2,3月を思い返してみれば、今は結構よくなってきていると思う。膿んだニキビが顎とか小鼻に頻繁にできていたけども、治まったし、顔全体のヒリヒリも今は落ち着いているし、化粧も少しずつしている。落ち込みすぎないようにしよう。

お昼のケーキをやめたり、チョコレート控えたりしているのも功を奏していると信じたい。

ここ1、2ケ月、頭がかゆくなることがあったので、ピークは過ぎて今は落ち着いてきているが、ローションタイプのお薬を貰った。お守り代わり。

今後は食生活等に気をつけながら、薬や化粧水代わりの保湿剤がなくなったときに行く感じで、通院頻度を落とせたらと思う。様子をみると言っても何もしないんじゃなくて、サプリメント等、よいと思われることは色々試してみようかな。

いやぁ、一生のテーマかな… 10年後には肌トラブルに悩んでいない予定なんだけどな。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク