スポンサーリンク

2023年お正月の父の病状など(3)…食べ物の記録と自分のコミュ力のなさを痛感

自分用に、先日の帰省時の食べ物の記録。

実家への帰り途中に、北野坂にあるショコラリパブリックで生チーズモンブランパフェを食べた。

ショコラリパブリックは2021年末に他のお店に行く際に通りがかり、ここも年末までやってるんだ…と印象に残っていたので訪れた。年末までやっているお店って少ないのか、すごく混んでいた。

上の生チーズモンブランがとても美味しかった!下の部分は私があまり好きではないふわふわのスポンジが入っていたので、パフェにせずケーキのみにすればよかったかな。他のケーキも美味しそうだったので、また通いたい。

実家へのお土産はいつも通り、551の豚まんと餃子と焼売。少し値上がりしていたと思われる。今度エビ焼売も食べてみたい。

 

1月1日は開いているお店が少ない。ねばとろ韃靼そばを食べた。

とろろになめこにオクラに、とにかくねばねばが好き。美味しかった。ただ、体が冷え切ったので、来年はあったかいメニューにしよう…

 

2日のお昼はこれまた開いているお店が少ないので、餃子の王将で餃子と八宝菜。たまに行くとわくわくする。私が子どもの時からいる女性店員さんが、相変わらず元気に取り仕切っていて、ほっとする。

 

3日の家族の集まりは焼肉だった。予約は父がしてくれているので何も言えないけども、去年も焼肉で胃の調子が悪くてほとんど食べられなかった。今年は胃は大丈夫だったけども、こういう集まりでの焼肉は気を遣うので、正直苦手だ。

いつも食後用に皆のケーキを買いに行くのだけども、今回はシャトレーゼにさせてもらった。リーズナブルで色々種類があって嬉しい。味はやっぱり近所の美味しいケーキ屋さんより落ちるけども、選ぶ楽しさもあるし、よしとしよう。

4日の朝は恒例コメダモーニング。ウインナーコーヒーにした。

 

実家で作ったのはいつものカレー。圧力鍋が前回帰省時に壊れたと思ったんだけど、今回使えた。圧力を抜くときに、蒸気のでる方向がちょっと危ない感じなので、気をつけよう。

 

今回はコタツの上に、ポテチ、あんドーナツ、ジャンボコーン、かっぱえびせんがあって私を誘惑してきたけども我慢できた。かっぱえびせんは4本ぐらい食べたけど、ストップできたのでえらかった!

しかし、口寂しいときに、塩飴・黒飴とトップバリュのシューアイスを食べまくってしまった。飴は食べた量がやばいし、シューアイスはショートニングが入っている。あかんやん。甘いもの依存が止まらない。

そして、現在頬と顎にニキビができてしまった… 帰省前は大丈夫だったのに。年末に職場でのいただきものを食べたのもよくなかったのだろう。あーあ。毎年この繰り返しだ。ニキビってできはじめると止まらない。もう少し経っても治まらないなら、また抗生物質を飲もう…

 

食べものの振り返りは以上として、毎年のことながら、親戚(妹弟の家族)で集まると、自分の会話のできなさにひくわ。本当に話せない。親戚ですらしんどい。

たまにしか会わないのだから、もう少し話す努力をした方がいいんだろうなと思いつつ、静かに過ごした。そして、皆は子どもたちと運動して遊んだりしていたけども、私は甥や姪ともほとんど話さず遊ばずで、謎の伯母としての存在を際立たせたわ。

子どもの相手をできるのって尊敬する。すごいな。私には無理。(だから教員続けられなかったのだけど。)

かといって、必要以上に凹まないことだな。自分のまわりの小さな小さな世界で、平穏に過ごせたらそれでよい。ひとりでふらふらでかけて、猫に話しかけて、適当に生きれば、謎の伯母さんでもよい。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ