スポンサーリンク

首の後ろに老人性血管腫ができた。

首の後ろに何かできて痛いな、ニキビかな…と思っていたのだけど、なんだか真っ赤で様子が違う。赤いほくろが結構たくさんあるのだけど、それの立体バージョン。

何だろうと思って調べてみると「老人性血管腫」というものらしい。

老人性…嫌な名前だわ。別名「ルビースポット」ともいうらしい。こっちの方がお洒落感ある。

でも何と呼んでも、加齢によるものだ。いやぁ、そういうお年頃。

痛くなければ、見た目だけの問題なので、まあいいんだけど、首を洗うときに触るので痛くて、油断するとプチっと取れそうというか潰れそうというか危険な感じ。

自然に治るものではなく、皮膚科でレーザー等で処置しないと消えないようだ。毛細血管の固まりなので、潰れると血が止まらないとか… それは困る。

うーん。どうしようかな。こういうのは、最近ニキビで通っている真面目な(?)皮膚科ではなくて、以前ほくろもどきを取った皮膚科が強そう。

とりあえず、もう少し様子見して痛みがひくかどうかみながら考えよう。

顔のはしっこにも、立体的ではないルビースポット(こちらの呼び名が恰好いい)があるので、取るならこれも取りたいな。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク