スポンサーリンク

歯医者(虫歯)と皮膚科(ほくろもどきの切除後)の経過。

今日は午後半日休みで病院めぐり。以下、自分用に書いておく。

まずは歯医者へ。この前神経をとった歯の治療の続き…のはずだったんだけど、歯医者に行って「痛みは取れたか」と聞かれたので、正直に「まだ痛い、寧ろ治療前より痛い」と伝えた。

春の虫歯治療のあとよりはマシとはいえども、昨日も夜中に起きた際に、右頬が痛くて痛くて、氷で頬を冷やしていたぐらいなので、痛いものは痛い。食べるときも今は左だけで噛んでいる。

そうしたら、歯医者さん「え?(それはおかしい)」という反応。よく診てもらったところ、仮のかぶせものの噛み合わせが悪く、しかも神経の根っこが残っていて圧迫されて痛かったのだと思われるとのことだった。

再度神経の根っこをとるために削った。ということで治療の続きはできず、また来週となった。「これで神経全部取れた!痛みもひいたわ♪」と歯医者の直後は思ったんだけども、今現在、また痛い。じんじんする。

この痛みは仕方がないものなのか、それともまだ問題があるのか分からない。

我慢できるといえばできるし、春も酷い痛みだったけども2週間程で治まったから、時間が解決してくれるのか。とりあえず次回の歯医者まで様子見。

 

一旦帰宅してから皮膚科に行ったら、帰りたくなるほどのすごい人だった。やっと呼ばれて診てもらったところ、まだ傷跡が赤いから、テープを貼ったまま過ごすようにとのこと。乾燥させないほうがよいらしい。

次は1ヵ月ぐらい後にテープがなくなるころに来るようにとのことだった。前回もそう言われたけども、手術から約1ヵ月経ったのでそろそろテープを外して過ごしてもいい頃かなと思って、テープがなくなっていないのにフライングで来てみたが、早かったか。1ヵ月後ってもう年末やん!

軽い気持ちで手術したけども、思いのほか治るのには時間がかかっている。汗かいても日焼けしてもよくなさそうだし、この季節にしておいてよかった。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク