読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

パックスナチュロンで全身洗ってみた結果

パックスナチュロン

洗剤をパックスナチュロンに1本化できるかの試み。

f:id:myukmyuk:20160329224748j:plain

今回は全身洗いまっせ。洗濯洗剤で洗っていると思ってはならない。せっけん水だもの。大丈夫。

5 ボディーソープ

…上の画像のとおり、100均で買った泡で出てくるタイプのボトルに3倍ぐらいに薄めた液を入れている。泡で出てくるので、泡だてる手間もない。ボディソープとしてはまあ合格。

 

6 洗顔石鹸

…せっけんなので使えるは使えるんだけど、敏感肌には強すぎたみたい。赤くなってヒリヒリするからボツ。あーあ。これ使えたら、化粧も全部せっけんで落ちるタイプにして、クレンジングとおさらばしようと思っていたのに。残念。

 

7 シャンプー

…湯シャンする要領で、よくお湯で洗ってから使うとまあいける。上のボディソープとして使ったのと同じ泡ボトルから出して使う。だけどもせっけんシャンプーって、すっごく髪がキシキシしてしまう。髪がアルカリ性になるから、酸性に戻したらよいらしい。よく聞くのは酢リンスとかクエン酸とか。くさそう。そして面倒!

そこで、パックスナチュロンのリンス(きちんとリンスとして売られているもの)を買った。あれ?1本化のはずが物増えてるし。上の画像の向かって右側、無印のボトルにリンスが入っている。これ、香りが、ハーブっぽくよい。髪もキシキシから柔らかくなっていい感じ。

しばらくウキウキ使っていた。だけども、やっぱり、シャンプーとリンスを使うのって私にとっては面倒なんだ。1本で済ませたい。というわけでボツ。パックスナチュロンリンスを使い切ったら、以前使っていた、体も頭も1本でいける全身シャンプーに戻すわ。

 

結局私にとって、ボディーソープとしてしか使えないんだったら、パックスナチュロンにする意味はない。残念ながら、私の場合、お風呂場にてこれ1本にするのは無理だった。肌がせっけんで荒れないタイプかつ短髪だったらいけると思う。

今後の浴室での1本はまた別の機会に。

 

スポンサーリンク