猫は何も持ってない。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

働きながら日商簿記3級・2級合格したときの独学勉強時間と勉強内容。

勉強に使用したものは先日書いたとおり。

seri-o.hatenablog.jp

記録好きなので、先日書いたように勉強時間のシールを貼って手帳にメモっていた。勉強時間は以下のとおり。主に、出勤前のミスドや、仕事後にマクドに寄ったりして、外で勉強していた。最後のほうはやっと家でもやった。仕事しながら受験する方の参考にどうぞ。

 

3級(2014年 137回)合格
1月・・・5時間
2月・・・15.5時間
3月・・・1時間 ←なんでやねん
4月・・・11.5時間
5月・・・33.5時間
6月・・・8.5時間
合計・・・75時間

テキスト読んで、トレーニング解くのに時間をかけすぎた。過去問を10回分×3回ぐらいやったと思う。(記憶があいまい)


2級(2014年 138回)不合格
7月・・・3.5時間
8月・・・0時間!
9月・・・13.5時間
10月・・・37時間
11月・・・22.5時間
合計・・・76.5時間

3級のとき、テキストとトレーニングに時間をかけすぎて、「やっぱり過去問だな!」と思ったので商業簿記・工業簿記のテキスト一読ですぐに過去問にとりかかった。そしたらちんぷんかんぷんすぎた。さすがに一読じゃ全く分からない。
仕訳は12回分解いて、解答見つつ通しで4回分×3回やったけど、本番は工業簿記が全く分からず。商業簿記も仕訳ぐらいしか分からず、落ちた。

 

2級(2015年 140回)合格
12月・・・0時間!
1月・・・0時間!
2月・・・2時間!
3月・・・5.5時間 ひどい。
4月・・・22.5時間 このへんからやる気出した。
5月・・・51時間
6月・・・20時間
合計・・・101時間

工業簿記はきちんとやれば、基本の問題しかでないから点をとりやすいっていうのを見かけて、きっちりやることにした。テキスト4回読んで過去問の4、5番(工業簿記)を10回分×4回解いたらだいぶ分かってきた気がした。

その後、商業簿記のテキスト1回読んで、仕訳10回分×2回解いたところまではよかった。2番、3番(商業簿記)を解こうとしたら、全然分からなくて、時間切れ。解答見つつ1回しか解けず。

そして、工業簿記に戻ったら、また忘れてるし、焦った。最後に、通しで時間を計ってやりたかったけど、理解度も時間的にも余裕がなくて、なんとか(通しではなく)ばらばらにもう1回解いて試験に臨んだ。

 

というわけで、あんまり理解していないけども、部分点でも、運でも、受かったもん勝ち!合格して思ったこと。簿記みたいに、時間をかけさえすれば受かる資格にもっと若いうちに挑戦すればよかった。仕事を選ぶ幅が少し広がっていたかもしれない。

もうひとつ、分かったこと。勉強のときに、ミスド、マクド、ドトール、ガスト、行きまくったけど、毎日ミスタードーナツ1個食べようが、マクドのポテト食べようが、それのみが原因では太らない。ただし、ドーナツ2個とか、マクドのセットはさすがに太ると思う。量に気をつければ大丈夫。

最初から家で勉強できたら一番よいんだろうけど、なんかやる気出ないのよね…

スポンサーリンク