スポンサーリンク

近江八幡をお散歩して、近江牛赤身にぎり寿司を食べてきた。

 

さて、今回の帰省は18きっぷで行きも帰りも移動したのだけど、行きの途中、近江八幡で下車してみた。Bungeling999さんのブログを拝見し、行ってみたかったのよね。

bungeling999.hatenadiary.jp

それにしても、18きっぷ移動…思ったより時間かかるわ。出発があまり早くなかったし、近江八幡ってもう実家寄りなので、着いた時点で15時半をまわっていた。

とりあえず地図を手に入れに観光案内所へ行ってみると、職員の方がめっちゃ親切。私はコミュニケーションが得意ではないので、挙動不審度を発揮して、おもむろに「バスに乗って行きたいんですよね…」と言ってしまい、心の中で「どこにやねん」とひとりつっこみしてしまったけど、職員さんは汲んでくれたわ。ここで降りたら効率よくまわれるとか、バス代220円とか、マジックで書きながら説明してくださった。助かる!

f:id:myukmyuk:20190325224607j:plain

バス乗り場も聞いたし、いざ出発。乗ってみれば5分ほどで着いた。時間があまりない中、方向音痴の私には徒歩は無理だったと思うので、バスに乗ってよかった。

街並みがいいねぇ。

f:id:myukmyuk:20190325230407j:plain

ポストも馴染んでる。

f:id:myukmyuk:20190325230542j:plain

八幡掘に着いたわよ。

f:id:myukmyuk:20190325230603j:plain

青空やお花ももちろんいいけど、枝鑑賞には、曇り空も悪くない。

f:id:myukmyuk:20190325230608j:plain

雨が降っているかと心配だったので、降っていなくてよかったわ。

この日は寒くなかったし。水面にくっきり、枝、枝。

f:id:myukmyuk:20190325230610j:plain

春は多分すぐそこ。

f:id:myukmyuk:20190325230613j:plain

人も少なくてのんびりお散歩できていい。

f:id:myukmyuk:20190325230619j:plain

f:id:myukmyuk:20190325230622j:plain

日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)に行く前に…

f:id:myukmyuk:20190325230627j:plain

目当ての千成亭八幡掘店へ。ロープウェー(16:30最終。乗ろうと思えばぎりぎり乗れた)より、私は肉(17:00まで)をとった。

f:id:myukmyuk:20190325230642j:plain

近江牛赤身にぎり寿司!写真見ただけで、思い出してよだれがでそう。

f:id:myukmyuk:20190325230649j:plain

お肉、美味しかった~。何気に敷いてあるえびせんもいい。お店でた後も、ひとりごとで「美味しかった~…」とつぶやいていた。最近結構ひとりごと多くてやばいかも。年取るとこうなるのか?

お魚抱えた飛び出し坊やが可愛い。

f:id:myukmyuk:20190325230708j:plain

とび太くんというらしい。滋賀県は「飛び出し坊や天国」らしい(笑)

f:id:myukmyuk:20190325230713j:plain

さて食べた後は、お参りへ。

f:id:myukmyuk:20190325230722j:plain

日牟禮八幡宮。

f:id:myukmyuk:20190325230727j:plain

健康を祈ってきた。最近いつも健康を祈っている。

f:id:myukmyuk:20190325230738j:plain

もちろん、八幡宮のそばにあるたねやさんにも寄ります。

f:id:myukmyuk:20190325230747j:plain

つぶら餅、160円。あずきのお茶のサービスもあり。見た目、たこ焼きみたい!あんが甘すぎず美味しかった。おすすめいただいたので、お茶のおかわりまでいただいた。

f:id:myukmyuk:20190325230752j:plain

近江八幡には結構短い時間の滞在だったけど、よかったわ。また晴れているときに来て、ロープウェーに乗って、八幡山の上にも行ってみたいところだ。

つぶら餅を見て「たこ焼きみたい」と思ってから、たこ焼きを食べたくて仕方がなくなってきた。大阪も通るしどこかで調達しようかとも思ったけど、実家で父が待っているかもしれないから、神戸に着いてから定番551の豚まんとクローネのフルーツたっぷりのカップケーキ(今回はプリン)をお土産に買って帰った。両方、父も私も大好物。美味しい一日だった。満足満足。 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク