スポンサーリンク

不調をあんまり表に出したくないのに出てしまう。

f:id:myukmyuk:20190512221737j:plain

前のブログも合わせると、14年も日記を書いている(毎日ではない)けど、結構自分の体調面での振り返りに活用している。乳がん検診前受けたのいつだっけ?とか大腸カメラいつやったっけ?とか、記事を検索したら出てくる。

ということで、また今日も体調面について自分のために書いておく。

金曜は相当胃がムカムカして吐き気も酷かった。仕事帰りのバスもしんどく、帰宅後も調子が悪かったので、なんか重大な病気?と心配になってきた。「とにもかくにも後4日したら胃カメラだからそれまで乗り切ろう」と思ってとりあえず寝た。

そしたら不思議なことに、土曜は嘘みたいに胃のムカムカがおさまった。やっぱり頭痛や胃の不調は風邪的な症状だったのかな。よかった。どちらにしろ来週胃カメラは受けてくるので、そこですっきりするはず。

 そして、今日は「気持ち悪さももうおさまったっぽいし、気分転換に外出しよう!」と思っていたのだけど、早く起きられず、出発が遅れて行き先の駐車場がいっぱい。バラを観ようと思っていたのだけど諦めて、温泉に行ってきた。

温泉でのんびりしたら疲れもとれるかと思いきや頭痛がひどくなっちゃって、やっぱり胃も変で、こんなにアイス好きの私のはずなのにアイス食べても美味しく感じないし、どこか変だわ。昼寝しても眠いまま。とにかくあさって胃カメラだ。

 

体調が悪いときに、自宅で、どうしてもため息が出たり不調な感じをだしてしまう。職場では、結構普通に仕事しているつもりだけど、普段よりイライラしたりしがちかも。

不調な感じを表面に出しても何も変わらない。どうにかできるのはお医者さんだし、すでに通院もしてるのでそれ以上何もしようがない。なので、できるだけ普通にしていたいのに、もうしんどいときは喋るのもしんどい。

胃ガンが発端で亡くなった母のことを思い出していた。思い出せば思い出すほど、母って強すぎだったわ。ガンで余命半年とか言われたら絶対に動揺するし気持ちも落ち込むし、何より進行したら私の今の不調どころの騒ぎじゃないほど身体的にも辛いと思うんだけど、泣き言を聞いたことがない。(家族にはそういう弱い面もだしてくれてよかったのに…とも思う)

母を見習いたいけど、なかなかそうはいっていない。父方の祖母や父は結構「しんどい」「どこそこが痛い」と不調を口にする人で、聞いているとげんなりしつつも、自分も間違いなくそっちよりだから嫌になっちゃう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク