スポンサーリンク

スマホがおかしくなったので即行買い替えたら、直った。原因も判明。

7月の半ばのとある朝、アラーム音でもなく、スマホがブーブー珍しい感じで振動して目が覚めた。何事?と思って見たら、夜に充電しきって寝たのに、電源が落ちていた。そして本体がやたら熱い。

前の一代目スマホが同じように発熱して落ちたあと、SIMがダメになり電話機能のみ使えなくなってしまったので「やばい!」と思って再充電し起動したところ、なんとか電源もついたし、電話も使えた。でも、やっぱり電池の減りが早く本体が熱すぎる。

その日は休みで一人でおでかけしたのだけど、熱くなりすぎて怖いので、スマホの電源は切りっぱなしで行ってきた。

seri-o.hatenablog.jp

夕方に再度電源を入れたら、起動に20分以上かかった。「アプリを最適化しています」という初めて見る表示がでていた。ようやく起動できたけど、7月末に帰省や披露宴参加を控えていたので、スマホがないのは不便すぎると思い、即行新しい機種を注文した。

冷静に考えたら、私の電話がなることはほぼなく、逆に、こちらがかけることもない。そこまで焦らなくてもよかったのだけど、何故か電話が使えないことを極端に恐れてしまう。

数日おそるおそるスマホの様子をみていたが、「アプリ最適化」以降は、暴走することもなく、熱くなりすぎることもなく、すっかり通常運転になった。

注文した新スマホはすぐに届いたのだけど、移行するのも手間だし最初は使いづらいので、結局8月に入るまで、旧スマホを使っていた。

 

で、帰省も済んでやっとこさ落ちついたので、先週末に新しいスマホを使い始めた。mineoのメールの設定がうまくいかなくて、ネットで調べたりしてようやく繋がった。

繋がったと同時に、最近のmineoからのメールを見ていると(普段は見ない)、こんな内容のが届いていた。

「現在、富士通製のスマートフォン FUJITSU arrows M02において、異常に発熱する症状やバッテリーの消費が激しい症状が発生している症状について、「Googleから配信された「Google Play開発者サービス」アプリ(バージョン:12.8.72)の影響が確認されております。現在、「Google Play開発者サービス」アプリは、バージョン『12.8.74』にアップデートされており、Google Playアプリから自動更新が行われれば、本事象は自然に改善されます。」

ふむ。一時的なものやったんかい!新機種買い換えるの早すぎたわ…

まあ、買っちゃったものは仕方がない。とりあえずSIMのサイズも同じなので、いざというときの代替機種として旧機種は置いておこう。

それにしても、このスマホ依存的心配性、どうにかならないものか。本当に、スマホがなくて連絡が取れなくて困ることなんて滅多にないのよ。一代目が壊れたときは、たまたま交通事故した直後だったり、職場で救急車騒動があって病院付添したりで連絡が必要なときだったので相当焦ったけど、そんなことは滅多にない。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク