スポンサーリンク

資源ごみ捨てが苦手すぎて気合がいる。

前のブログのときから書いているけど、資源ごみ捨ての日が憂鬱だ。捨てられるのは1時間限定で、当番の人がずらーっと並んでいる。

 →資源ごみ捨てと、物減らしの日曜日

しかも、訳あって、先日まで隣に住んでいた方に会うのがこわくて、びくびくしていたので、会うのが嫌で、しばらく資源ごみ捨てもさぼってしまった。資源ごみっていうのは主に缶・ビン。洗っているので腐りもしないので、ベランダにある資源ごみ用ゴミ箱にためていた。

そろそろゴミ箱もいっぱいだし、お隣さんは引っ越したし、気合入れて資源ごみを捨てに行こうじゃないか。ということで、日曜勇気を出して捨ててきた。

まず資源ごみを捨てるのにふさわしい服装をする。普段はワンピースだけど、朝から資源ごみ捨てに気合いれてる人みたいになるのも嫌なので(自意識過剰)、敢えてTシャツにズボンにカーデガン羽織って、いかにもごみ捨てに行くっ人ぽい恰好をする。

化粧も朝から気合入ってるのもどうかと思い、スッピン眼鏡で行く。顔色悪いのでリップのみ。日傘をさしたいところだけども、日傘さしてごみ捨てに行く人も少ないので、がまんする。

適当な見た目とは裏腹に、資源ごみ捨てにここまで気合いれてる人は私以外いないかもしれない。ごみ捨て場に行ったら、相変わらず、挨拶してもあんまり返ってこないけど、とりあえずおはようございますといいまくって捨ててきた。

めでたし、めでたし。

これでしばらくは、捨てに行かなくて済む。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ブログテーマ
すっきり暮らす
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
主婦の独り言 
物を減らす
シンプル・ミニマルライフのファッション

スポンサーリンク