猫は何も持ってない。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

10年ぶりに乳がん検診を受けてきた。

夏の終わりにキバナコスモスは見に行ったけども、そういや、一面ピンク色のコスモス畑は結局みていない。

f:id:myukmyuk:20161006232015j:plain

 

さて、40歳になったことだし乳がん検診に行くことにした。乳がん検診は、以前、マンモグラフィを受けたことがある。いつだったっけと調べたらもう10年前だった!

人生初マンモ

しかも再検査だったし。

再検査

(こういうとき日記ブログって振り返りに便利だなと思う。)

 

このときのイメージで、マンモよりエコーの方がよく分かるのかな?と思っていたので、お手軽なエコーにした。でも、検診時にお医者さんに聞いてみたら、マンモの方が一見してよく分かって、エコーは探り探りになると言っていた。

まあいいわ。今回はともかく、触診+エコー。昨日行ってきた。触診はおもしろかった。横になって、洗濯手洗いの「もみ洗い」ってな感じで、素早いスピードでもみ洗いされた。異常なし。あれで分かるのかしら。プロの技なんだろう。

そして、エコーは、ジェルを塗られて脱毛を思い出した。脱毛は、痛さより、ジェルの冷たさに震えていた。コロコロローラーで、念入りにチェックして、異常なし。よかった。

 

検診で、バリウムと胃カメラは経験がない。一度人間ドックで洗いざらい調べたほうが安心なんだろうけど、胃カメラが怖い。

しかし、胃はほんと胃カメラで見ないと結局分からないからなぁ。母がスキルス性胃がんで亡くなっているので、気をつけよう。気をつけようと思うけど、何に気をつけたらよいのか、いまいち分からない。

 

スポンサーリンク