読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

頭も体もこれ1本の全身シャンプー愛用中。

ある日、シャンプーとリンスを繰り返すのが面倒になった。「リンスインシャンプーでいいやん」としばらく使って、使い切った。そのうち、「ボディソープで体も頭も洗えばいいのでは?」と思った。所詮、全身一枚皮なんだから大丈夫でしょうと。2週間ぐらい試しただろうか。髪がきしきしになるけども洗えないことはなかった。

でもそのうち、髪はともかく、たまたま使っていたボディソープがボディに合わなくなってきた。昔から、肌が不安定になると(今振り返ると脂漏性皮膚炎の症状)かゆくなってぷつぷつができる。敏感肌用のを使ったほうがよいみたい。

湯シャンも試してみたんだけど、ぺたつきが気になって無理だった。方法が悪かったのかもしれない。ぺたぺた期を乗り越えたら、落ち着いたのかもしれないけどそこまで耐えられなかった。 

パックスナチュロンで全身洗いも試した。パックスナチュロンはいわゆるせっけん。

seri-o.hatenablog.jp

体はいいけど、こちらも髪がきしきしになる。なので、パックスナチュロンのリンスを使ってみた。あれ?面倒さ復活してるやん。リンスを使い切って、リピートなしで挫折した。

で、結論として、パックスナチュロンの前に試した、きぬがわみかさん(元しましまさん)オススメの全身シャンプーココナチュラに落ち着いた。 

bibibi100.com

ココナチュラはこんな外観。ボトルが大きいのがよい。

f:id:myukmyuk:20170305172138j:plain

使い始めて、肌荒れがだいぶ収まった!(あくまでも当人比。)髪の洗いあがりはやっぱり少しきしきしする。パーマなので、さらさらでなくてOKとする。きしきしをカバーするために、お風呂を出たあとで、マシェリのエンドキュアミルクという流さなくていいトリートメントを使っている。手触りがよくなる&いい香り。ココナチュラ自体は無臭なので、香りがぶつからない。

市販のシャンプーリンスを使っていたときも、ケラスターゼやラサーナやロレアル等、何かしら洗い流さないトリートメントを使っていたので、面倒ではない。なんせ洗い流さなくていいから。流すのが面倒みたい。

実家に帰るときや外で温泉に行くときの持ち歩きにも、シャンプー・リンス・ボディソープ・洗顔までココナチュラ1本を小さいボトルに詰め替えて持っていけばOKなので楽ちん。ということでもう何度もリピートしている。

f:id:myukmyuk:20170326231809j:plain

詰め替えが大容量で600mlなのもずぼらな私にはいい。2本セットを半年で使うぐらいのペースなので、ボディーソープ、シャンプー、リンスを買うよりお得な気がする。  

菊星全身シャンプー ココナチュラレフィル 600ml 2本セット
 

 

 

冠婚葬祭用鞄は使う機会は少ないが、やっぱり必要。

冠婚葬祭用の鞄は使う機会は少ないが、いざ、ないと困る。

現在は、弔事用・慶事用各ひとつずつ所持している。

f:id:myukmyuk:20170305171349j:plain

特に、弔事用はいつ必要になるか分からない。まあ実際のところは、黒い鞄で、ひかりものがついていなければ、お通夜や告別式の場で誰も人の鞄なんて気にしていないと思うけど。この黒い鞄には黒いサブバッグとふくさがついていて、あると便利なのよね。

白いほうのは、結婚式披露宴のお呼ばれのときに3回ぐらい活用した。

f:id:myukmyuk:20170305171959j:plain

すんすんチェック。安物感は否めない…(確か3900円)

f:id:myukmyuk:20170305172010j:plain

この白い鞄を持つまでは、小さいパーティーバッグを2種類持っていた。ひとつは既に処分して手元になし。パーティーバッグって、ほとんど何も入らないんだ。今手元にあるのはこちら↓ いかにも何も入らない。

f:id:myukmyuk:20170305172019j:plain

何も入らないと、結局、別に鞄を持つことになってしまう。若い頃は、行った先の会場でドレスに着替えたり、羽織ものを出したり、場合によっては靴も履き替えたり、大荷物で行ってクロークに預けていた。そういうときには、小さいパーティーバッグでいい。

この年齢になると、披露宴もワンピース+ジャケットみたいな恰好にシフトしたのでそのまま着て行けちゃう。なので、去年、神戸の実家から広島の披露宴に参加したときには、荷物も少なく、写真の白い鞄ひとつで事足りた。ちょっとチープだけども、この鞄、サイズ的にいいわ。

ということで、上の写真のリボン型クラッチバッグは処分する。もう、年齢的に披露宴にお呼ばれする機会もしばらくないだろうし。

現在の鞄一覧はこちら。

seri-o.hatenablog.jp

スポンサーリンク